女性にも加齢臭が!老化と臭いのダブルパンチ

2016y02m10d_235347475

歳を重ねると加齢臭と呼ばれる、独特な匂いが発生してしまう人が多くなります。
加齢臭は、歳を重ねている人にしか発生しないように思われているのですが、加齢臭の原因は、酸化した皮脂と、雑菌が繁殖した匂いとなりますから、若い世代でも発生してしまう人はいます。
皮脂が毛穴の部分に溜まってしまう事で、酸化してしまったり、雑菌が繁殖することで、匂いが発生してしまいますから、女性よりも、皮脂の分泌が活発である男性に匂いが発生しやすいと言われています。
この加齢臭の原因となる匂いは、水に溶けにくく、肌についてしまうと、簡単に落とすことが出来ないのが特徴となっていますから、加齢臭に気が付いたらきちんとお手入れを行いましょう。
エイジングケアにより、加齢臭を防ぐ方法としては、洗浄力が高い石鹸や、シャンプーなどでしっかりと洗う事が大切です。加齢臭が発生しやすいとされている、耳の後ろや、首回り、脇など、しっかりと洗いましょう。毛穴の中に皮脂が溜まっていると、簡単に落とすことが出来ない場合もありますから、湯船に浸かり、毛穴を開かせたうえで、洗浄すると良いでしょう。お酒やたばこを控え、野菜中心の食生活に切り替えることで、皮脂の発生を抑え、加齢臭を断ち切ることが出来るとされています。お酒やたばこは、エイジングケアを取り入れている人にとって、非常に悪影響を及ぼすものですから、加齢臭に悩む人も、老化に悩む人も、お酒やたばこはできるだけ控えた生活を送るようにしましょう。